ロゴ

個人タクシードライバー独立の際に役立つ求人情報を厳選紹介!

独立開業が夢なら

企業に属せず自分の力だけで生計を立てたいと願う人は多いです。とくに東京では、個人タクシードライバーは自分の腕次第でたくさん稼ぐことが期待できるため人気の職種となっています。しかし、個人タクシー開業においては、いろいろな制限が出てきますので学んでいきましょう。

個人タクシー開業の主な条件

職業

二種免許取得

これは法人に就職する場合でも同じですが、人を輸送して利益を得るドライバーとして働くためには必須の資格となります。タクシードライバーは、普通第二種免許という種類で、第一種免許を取得して3年以上の21歳以上であることが条件です。

職業ドライバーとして10年以上の実務経験がある

40歳から64歳までは、10年以上職業ドライバーとしての実務経験が必須です。35歳から39歳までは、その条件に加えて、10年以上同じエリア内で運転していたという実績が必要です。

65歳未満

申請日で65歳以上であれば、自動的に開業資格が失われます。年齢制限がありますので、計画的に開業の道を模索する必要があるでしょう。逆算して実績を積んでいくことが肝心です。

申請日前から10年間無事故無違反

35歳以下で申請する場合は、申請日からさかのぼって10年間無事故無違反であることが求められます。また、同じ法人タクシーで10年以上実務経験があることも条件となります。

将来個人タクシーを開業したい人は計画的にお得な求人で経験を積もう

履歴書

求人を探そう!

個人タクシドライバーの道のりには、法人タクシードライバーとしての経験が欠かせません。最近では未経験者でも採用してくれる法人タクシーが増えていますので、安心して就職や転職することができるはずです。ドライバーには必須の二種免許取得費用をサポートしてくれたり、寮完備や充実の研修制度など、さまざまな手厚いフォローを用意しているところも増えています。まずは、働きやすい環境の求人を選んでいくことから始めましょう。

男女

ダブルワークするなら?

法人タクシーで働くことができれば、ドライバーとしてのノウハウも蓄積されますし、給与保証がついていたりとメリットは多いです。しかし保証期間が過ぎると、歩合制給与となって、収入が落ちてしまうケースもあるでしょう。また、ドライバーとしての資質がわからななくなるなど、スランプを迎える時期もあるはずです。ダブルワークが可能な職場であれば、他の仕事に挑戦してみるのもいいかもしれません。コールセンターの求人であれば、短期募集やシフトが自由に組める職場など選択肢も多いですので、選択肢の一つとして検討してみるといいでしょう。

施工管理は求人サイトで探そう

[PR]
貿易職には英語が欠かせない!
数多くの講習を開講中!

[PR]
個人タクシー会社へ転職!
事前に勤務条件をチェック♪